「ママー!ママー!」一番小さなモリーが泣き出しました。
「うるさいわね!ハニガン先生に怒られるじゃない!」
「そんな風に言わなくてもいいでしょ!」
子どもたちは大騒ぎ。